マルツネのとうふづくり

マルツネのとうふづくり こだわりのポイント ①生しぼり製法

伝統製法の「生しぼり製法」による大豆とにがりだけの本来の濃いとうふ作り

現在市販の多くのとうふは合成にがりや添加物を使用し、「煮とり製法」とよばれる効率型のとうふ作りが主流です。マルツネはとうふ本来の作り方「生しぼり製法」と呼ばれる伝統製法で天然にがりを使用して作られます。「生しぼり製法」は苦味、渋みの成分が含まれる大豆の皮や芽の部分は使用しません。それにより豆乳がとても濃く、まろやかでほんのりと甘い柔らかな口当たりのとうふが完成します。

生しぼり製法と煮取り製法を比較してみよう

  • 浸漬
  • 摩砕
  • マルツネのとうふづくりはココが違う
  • 豆乳抽出・煮沸
  • 煮沸・豆乳抽出
  • 生しぼり製法
  • 凝固剤を加えて固める